June 7, 2018

心を動かされたくない

映画に限らずアニメや漫画でもそうなんだけど、感動物などを観るときはそれなりに気合がいるし、何ならできるだけ観ないようにしている傾向がある(別に嫌いではない)。
その理由として、自分も「心を動かされたくない」というのがある。

自分で言うのもなんだが感受性は高いと思っていて、共感性羞恥と呼ばれる感覚を感じるのも日常茶飯事である。
なので、感動物などを観るとすごく疲れる。自分の中で感情がブワッと溢れ出すのがしんどい。

よく頭を使わないで済むアニメが良いなどと耳にすることが多いが、自分の中では、「心を動かされないで済むアニメ」ということだと思う。
おそらく「心を動かされるもの」は観た方が人生は豊かになるんだろうけど、人間はしんどいことはやりたくないように設計されているので、モモコグミカンパニーと映画館デートやアニメ鑑賞会をしない限り見ることはないのでは……となっている。


感動物は嫌いではないと書いたが、物によりそう。最初から最後まで涙腺を狙っていくような所謂ヒューマンドラマみたいなのは苦手。

このエントリーをはてなブックマークに追加

© Kouhei Morita 2018